飲食店がコロナ赤字で税金を取り返す方法

無料相談申込はこちら

北は北海道から南は沖縄まで対応可!!

飲食店の知恵袋

飲食店がコロナ赤字で税金を取り返す方法を京都の飲食店専門税理士が解説

2020/05/19

こんにちは!

京都の飲食店専門税理士

德元利貴です。

 

コロナウイルスの影響により、2020年は多くの飲食店で

赤字が発生することが予想されます。

 

飲食店が赤字でも廃業しないためには、

①売上がなくてもお金を増やす

②お金を減らさない

この二つの取り組みが非常に重要となります。

 

そこで、今回は①の売上がなくてもお金を増やす方法を

お伝えします。

 

融資や補助金、助成金は既に取り組まれていることだと

思います(まだの店舗は早急に対応してください!)が、

実はもう一つあります!

 

それは、税務署から税金を返してもらう手法なのです。

 

あまり知られていない方法ですが、

個人事業主と法人経営ともに可能です。

 

その方法は

『繰り戻し還付』

という手法を使います。

 

これを使うことで、売上がなくともお金を

増やすことができるのですが、全ての店舗で

使える訳ではありません。

 

どんな飲食店が使うことができるのか。

いくら税金がかえってくるのか。

いつかえってくるのか。

どういう手続きをする必要があるのか。

 

を中心に、明日の午前10時youtube動画を

アップします。

 

今回は個人事業主を対象としてお話する予定ですが、

法人でも使える手法なので、

是非楽しみにしておいてください!

 

それでは、明日まで

『自転車操業解決税理士の飲食店知恵袋ch』

をお待ちください!

 

毎週

月、水、金

の午前10時に飲食店経営に必要な情報を

アップしていきますので、是非、

チャンネル登録もよろしくお願いします!!

 

YouTubeのチャンネル登録はコチラ