飲食店開業時必見!税務署手続きサクっと完了♪【開業届編】

無料相談申込はこちら

北は北海道から南は沖縄まで対応可!!

飲食店の知恵袋

飲食店開業時必見!税務署手続きサクっと完了♪【開業届編】京都の飲食店専門税理士が解説

2020/05/30

こんにちは!

京都の飲食店専門税理士の徳元利貴です。

飲食店を開業すると、忘れてはいけない
手続きが税務署への開業届出書の提出です。

開業した日から1か月以内に、
所轄税務署(最寄りの税務署)に
提出する必要があります。

事業を開始すると、何かと税務署への手続きが
必要となりますが、
中でも一番最初の​​​​​​に提出するものがこちらです。

もし開業届出書を出さないとどうなるか。
大きいところでは銀行融資を受けることができません。
本当に事業を開始されているのか、
どこで開業しているのかは、税務署に提出された
開業届出書で確認されることが多いためです。
その他にも必要となる場面が出てくるので、
開業されたら直ぐに提出をしておきましょう。

・・・といいつつ、開業間もないころは、
本業で忙しくて手続きどころではないですよね。
あと、税務署のHPにいって書き方を調べるのも
面倒くさいと思います(笑)

そこで、次回の動画では、
必要最低限の項目だけ記載して、
開業届出書の作成をサクっと
終わらせることができる内容にしています。

是非、動画を見ながら一緒に書類を作成して
しまいましょう!!

それでは、月曜日まで

『飲食店専門税理士による飲食店知恵袋ch』

をお待ちください!

毎週

月、水、金

の午前10時に飲食店経営に必要な情報を

アップしていきますので、是非、

チャンネル登録もよろしくお願いします!!

YouTubeのチャンネル登録はコチラ