節税には3つ種類があることを知っていますか?【Vol.1】

お問い合わせはこちら

お役立ち情報

節税には3つ種類があることを知っていますか?【Vol.1】

2019/07/31

税額控除は絶対オススメ!!

徳元です。

いきなりですが、節税はお好きでしょうか?

恐らく、8割以上の経営者の答えは
YESです。

では、節税には大きく3つ種類があることは
ご存知でしょうか?

この問いについては9割以上の経営者は
NOと答えることでしょう。

ただ、3つの節税の違いを知っておかなければ
事業経営においてとんでもない失敗をしかねません。

これからこの3つの節税についてお届けします。

1つ目の節税は税金を直接安くすることができる
「税額控除」と言われるものです。

例えば、従業員への給料をベースアップすることで
ベースアップした一部が、直接税金を安くしてくれます。

他にも、ゲームや薬品を作る会社の、研究開発のための経費を
一部直接税金を安くしてくれる制度もあります。

さらに、設備投資をする際、事前に国に申請しておくと
受けられる税金を安くする制度もあります。

これらの制度は全て、投資に対するリターンを、「利益を出す」
ということだけではなく、「税金を安くする」ということにも
つながるため、効果的に使うことで会社の財務状態もよくなり、
会社の成長スピードが加速します。

業種毎でも使える制度は他にも様々ありますが、
「税額控除」は是非、積極的に使っていただきたいところです。

たまに、そんな制度があることさえ聞いたことがない
という経営者がいます。

しかし、少なくとも、従業員の給料ベースアップの制度は
どの企業でも使える可能性があるので知っておいたほうが良いです。

あなたの企業では、どんな税額控除を受けることができそうなのか、
顧問の税理士先生から提案を受けていますか?

もし、受けたことがない、聞いたことがない、というかたは
「うちの会社で使えそうな税額控除の制度はありますか?」
と、聞かれてみてはいかがでしょうか(^^)

今日は節税の3つの種類のうち、「税額控除」について
書きました。

残り2つの節税についても明日以降詳しくお届けしますね。

今日の情報があなたの会社の成長・発展、資金繰り改善に
少しでも繋がればうれしいです(^^)


------------------------------------------------------
★毎月限定2社★

ここの読者限定で、通常3万円の
初回コンサルティングが無料!!

資金繰りを改善したい。
事業承継が不安。
赤字を脱却したい。

何でも結構です。あなたが今一番困っていることを
ご相談ください。

毎月ご予約は早い者勝ちです。
無料コンサルティングをご希望される場合は
いますぐ下記のメールアドレスに
『無料コンサルティング希望』
と記載し、メール送信をしてください。

tokumoto@vaton.co.jp

------------------------------------------------------